企業情報企業情報

会社沿革会社沿革

昭和16年個人営業として、海陸運輸事業を開始し、主として鉄鋼材の海陸輸送を行なう。日本製鐵株式會社の東京港内陸向輸送(中継業務)に従事し、昭和25年日本製鐵株式會社の解散に伴い、引き続き八幡製鐵株式會社、富士製鐵株式會社の材料、製品の輸送業務を行なう。昭和45年、八幡、富士両社の合併に伴い、引き続き新日本製鐵株式會社の輸送業務を行なう。
昭和26年株式會社に組織を改め、社名を「株式會社三榮商會」とする。
昭和26年港湾輸送事業(一種、沿岸、はしけ)の大臣登録認可を受ける。
昭和27年自動車運送取扱事業の登録認可を受ける。
昭和28年東京税関、及び横浜税関の税関貨物取扱人の認可を受ける。横浜営業所を開設し、輸出入貨物の取扱を開始する。
昭和34年相模原営業所開設
昭和36年一般区域貨物自動車運送事業の限定認可を受け、貨物自動車運送業務を開始する。
昭和38年港湾運送事業の免許制度設定により、一般港湾運送事業の免許を受ける。
昭和41年一般区域貨物自動車運送事業の限定認可を、一般免許に改める。
昭和42年倉庫業の認可を受け、倉庫業務を開始する。
昭和43年君津営業所を開設し、鋼材加工工場にて、梱包用資材の製造を開始する。
昭和44年千葉営業所、土浦営業所開設
昭和44年内航運送取扱業の認可を受ける。
昭和46年辰巳営業所を開設、同敷地内に倉庫を建設し、保税上屋の許可を受ける。
昭和46年自動車整備事業の認証工場の認可を受け、千葉自動車整備工場を開設する。
昭和47年建設業の登録を受ける。
昭和48年内航運送業の免許を受ける。
昭和49年一般建設業の認可を受け、鋼構造物工事業を開始する。
昭和50年島根営業所開設
昭和51年損害保険代理店となり、損害保険代理業の営業を開始する。
昭和52年仙台営業所開設
昭和62年メーカー各社と販売代理店契約を締結し、物品販売業と生命保険代理店業務の営業を開始する。
平成02年静岡営業所、草加営業所開設
平成03年利用運送事業(内航)の認可を受ける。
平成04年青森営業所開設
平成05年利用運送事業(外航)の認可を受ける。
平成06年土浦営業所にショットブラスト工場を建設する。
平成06年食品物流業に進出する。
平成08年中央配車センター開設
平成11年相模原市に貸店舗兼倉庫を建設する。
平成13年株式会社サンエイエコネットを設立し、一般貨物自動車運送事業の認可を受ける。
平成14年ダイエー産輸株式会社の経営権を取得する。
平成14年古河営業所開設
平成18年辰巳営業所を有明に移転し、東京営業所に名称変更する。
平成18年ダイエー産輸株式会社を株式会社三榮トランスネットに社名変更する。
平成19年江東区に貸整備工場兼事務所を建築する。
平成20年相模原営業所を横浜営業所に統合する。
平成21年株式会社三榮千葉、株式会社三榮仙台、株式会社三榮横浜を設立し、一般貨物自動車運送事業の許可を受ける。